同じ姿勢でいると痛くなるってホント?!

オフィスで事務仕事をしているみなさん、腰痛に悩まされたりしていませんか?重たいものを持ち上げないので私は平気!・・・なものではなさそうです。近年はパソコンの普及により事務のお仕事は座りっぱなし、しかも長時間同じ姿勢、どうやらこれが腰痛の原因にもなるようです。座り続ける、しかも自分が楽な姿勢で固まっているのでバランスがやや偏り、同じところにばかり力が入ることによって姿勢がゆがむ→腰にも重心がゆがんでのしかかる→腰が痛くなる、といったような悪循環に繋がるようです。

赤ちゃんや子供を抱っこし続け・・・重い(涙)

これは言うまでもありません。腰だけでなく肩も背中も体全体凝りまくり、腰もがんがん痛くなります。それでなくても抱っこをする約10か月も前からお腹に赤ちゃんを抱え生活してきておりひたすら重たい「分身」を体に背負って歩いているわけです。また出産により骨盤が歪む、これもまた腰痛の原因のひとつなのは有名な話ですよね。やはり妊娠中のケアは難しいものがあるにしても産後はある程度のストレッチを含んだ軽い運動はした方が腰痛対策にも体全体の凝り解消にも繋がるようですね。

腰痛や凝りの強い味方!!

このモヤっとした腰痛や全身の凝りにはマッサージやその他対処法を施してあげたほうが体には優しいですよね?外出するのが難しい場合、何かの先で肩の凝ってるところをぐっと押すだけでも、家族のどなたかに足の裏をふんでもらったり腰を押してもらうだけでもどれだけ楽になることか!日々の積み重ねによる腰痛も凝りは、日々の積み重ねによる対処法により少しずつでもケアしてあげることが一番よろしいかと思います。今日や明日だけの体ではありません、ずっとずっと続いて付き合っていくご自身の体なので、しっかり少しずつ優しくしてあげてくださいね。

交通事故などにあった際、特に怪我がなくてもむちうちになっている可能性はとても高いです。そのため自覚症状がなくても早めに病院を受診しむちうちの治療を受けた方が良いです。そのままにしておくと、しばらく経ってからむちうちの症状が出る場合があります。