使い物にならなくなる?

家具や電化製品などを購入したときによく余りがちなのがネジなどの部品ですよね。次必要になるかもしれないと一応保管しておくのですが、いざ必要となったとき錆びていて使えなくなってる時があります。これは保管方法が悪いからで、ちょっと工夫するだけでネジを錆から守ることができます。それは風通しの良い場所に保管しておくことです。大体の多くの人が暗く密封した場所に保管し、存在すらも忘れてることがほとんどなので、いつも見るような場所にきちんと風通しが良い状態で置いておきましょう。

放っておくと使い物にならなくなるのはネジだけ?

適当な場所にネジを保管した場合に錆てしまうのが仕方のないことですが、それにともなって入れてる箱なども腐食するおそれがあります。錆というのは固まってしまうと取れにくく、木造の箱なんかに入れておくのはもっとも好ましくありません。腐食加工がしてある箱なら別ですが、ネジの錆と一緒に木箱も痛むので、気をつけましょう。また、錆は決して良い匂いではありませんし、衛生面上もよくありません。しっかりと保管して綺麗な状態を保つようにしましょう。

どれがどれか把握できない?

ネジにも何種類もあり、長いものや短いもの、ネジの形状など一般人にはどれがどのネジなのか判断がつかないと思います。もちろんですが、ネジを使うときにきちんとその物に合ったネジを使わないとしっかり固定されなかったりしますので、適当に使うのはできれば避けてください。しかしこれは結構頻繁に起こることで、どのネジがどの製品に使われていたものなのかはその道のプロか詳しい人でないと無理なんです。なので保管するときは風通しの良い場所はもちろん、わかりやすくきちんと分類しておくといいでしょう。

ねじの販売の専門店では他では販売されていない特殊な仕様のねじも豊富に揃えられています。仕様を調べたい場合にはデータベースを検索するだけで良いので目的の品も直ぐに見つけることが出来て便利です。品質や精度も高くプロも現場で使用しているので安心です。発注をする際には一本単位で行えるので気軽に利用が可能になっています。